活動目的/ACTIVITY POLICY

趣旨

宮城県名取市閖上は、東日本大震災の津波により町は消滅しました。

2,500世帯以上あった住宅地は、基礎を残し雑草が生い茂る荒野と化しています

閖上は古くから港町として、水産加工会社、商店街、住宅街、と離れた地域ではありますが完成された町でありました。

被災者は内部の仮設に移っており、用事が無ければ閖上に訪れる方は殆どおりません。

「変わり果てた閖上を見たくない」「海が怖い」などの理由はあるにせよ、その気持ちを察すると切ない想いであります。

震災後、日和山公園が復興のシンボルと成り、県外など他の地域から鎮魂の祈りにいらっしゃいますが、その方々が「閖上は全く変わらないね」と言うのです。

それでは閖上に住んでいた方々が戻ってくるはずがありません。どうしたらいいのだろうか。出来ることは何だろうか…。

私達はこの荒野を整備し、少しでも復興の兆しを感じてもらうことを目的に、花を植え、来て頂いた方々に癒しと復興のメッセージを贈ることではないかと活動を行っているものです。

集まった仲間達で、名取の復興に役立つことを考え、力を合わせて取り組んで参ります。

参照

小齋誠進 様

【東日本大震災パノラマ Vol.274】MSN産経フォト 様